グルタミンの効果がありました!

0

    どーもー

     

    暑さが戻ったではないか@石川小松です。

     

    スポーツの秋です、各種スポーツの大会が

    あちこちで開催されております。

     

    わたくしの仕事柄、サポートの方にまわる

    ことが多いですが、選手の機会もございます。

     

    日曜日はサポート側と選手側の二つを

    掛け持ち致しました。

     

    朝からは小松鉄人レースのサポートで

    レース前のストレッチやテーピングを。

     

    その後、着替えてソフトボールのリーグ戦に

    参加しました。

     

    前の日の夜にコメを炊き、おにぎりをこさえ

    ドリンク類の水をボトルに入れ、冷蔵庫へ。

     

    試合前日はやること一杯です、笑。

     

    そして、絶対にアルコールは飲まない事!

    これはとても大事です。

     

    バテやすくなるし、なんせ熱中症になる

    確率が上がります。(ほりまつ調べ)

     

    朝は4:30起床、長い一日の始まりです。

     

    朝から雲行きが怪しく、結局鉄人レース

    スタート前に雨が降ってきました。

     

    10時近くまでかなりの雨量、車のフロント

    ガラスに叩きつける雨で気持ちが沈む。

     

    ソフトボールの試合は出来るのだろうか?

    グラウンドの状態はどうだろう?

     

    もしも中止になったら、鉄人レースの方に

    戻ろうと思っていたくらいの雨でした。

     

    けれど、予報通りお昼前から次第に雲が

    晴れ始め、カンカン照りに…。

     

    ちょっと極端すぎる展開でしたが、無事

    試合が行われました。

     

    ひと雨降ったグラウンドは蒸し暑く、体力を

    奪って行きます。

     

    時々吹く風は心地よいのですが、止まった

    途端に汗が吹き出します。

     

    用意した飲み物が足りなくならないか

    ハラハラしつつ、水分補給。

     

    そんなこんなで二試合、怪我も無く終了

    しました。

     

    久しぶりの試合は、結構身体に堪えました。

    慣れないポジションの守備でも疲れた感じ。

     

    すぐさま自宅に戻り、洗濯したり、シャワー

    したり。

     

    その後欠かしてはいけないのが…

    「サプリメントタイム」

     

    そうです、使った身体に栄養を補給しなければ

    なりません。

     

    ちょっと気を抜くと足が攣りそうになって

    いたので、疲労回復効果があるとのことで

    グルタミンを摂りました。

     

    最近、筋トレの後にグルタミンを摂取し始めて

    いたのですが、効果のほどは不明でした。

     

    グルタミン酸じゃないよ、グルタミン。

    アミノ酸の一つです。

     

    多少、筋肉の張りが残らないのかな?程度。

    でも、今日はかなりの疲労感ですので、効果は

    分かりやすそう!

     

    明日に期待!とばかりに早めに寝ました。

     

    で、今朝を迎えたのですが…。

    「いい!身体が軽い!足も軽い!」

     

     

    いやぁ、これはマジで効果がありました!

     

    試合の明くる日はだいたい、足中心の筋肉痛と

    肩の張りがあるのですが、今日ばかりは肩も

    ほとんど気にならず。

     

    侮れません!準必須アミノ酸!

     

    これは是非、飲み続けていこうと思いました。

    個人差はあるでしょうが、免疫機能も上がる

    らしいです。

     

    もともとあまり風邪を引きませんが、疲労

    回復効果はありがたい!

     

    ということで本日も摂取…、週末には校下

    運動会もあるので、体力回復はお早めにと

    いうことで。

     

    あ、運動会は運営側ですので、出場はしません。

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

     

    ほりまつ * スポーツ * 20:03 * comments(0) * -
    このページの先頭へ