過集中というものを知りました…。

0

    どーもー

     

    大会の朝は早い@石川小松です。

     

    最近、いろいろな情報が入りやすくなりました。

    辞書を見ても載ってなかった言葉をイミダスで

    調べることも無くなりました。

     

    「イミダス」!ふっるー、「知恵蔵」マジか!

    「現代用語の基礎知識」これはまだある!

     

    「イミダス」「知恵蔵」知ってる人はたぶん

    おばさん、おじさん。

     

    イミダスってなんぞ?という方はコチラ

    知恵蔵ってなに?片岡?という方はコチラ

    →片岡千恵蔵が出てくるあたりが古い。

     

    今はインターネットがあるからね!

    調べ物が簡単になりました!

     

    何でもかんでも信じるのは良くないけれど

    手軽に情報が入手できるのは、強み。

     

    そこで、今回の話題「過集中」です。

     

    みなさま、「過集中」ってご存知ですか?

     

    読んで字のごとく、めっちゃ集中してしまうって

    ことです。

     

    ネットサーフィンしてたら、ちょっと目に

    止まって読んでみました。

     

    すると、おろ?この過集中とやら…どこかで…。

     

    わたくしは小さい時に、よくママン(今は老婆)に

    よく怒られていました。

     

    本を読んでいたり、テレビを観ていたりすると

    呼んでも返事をしない!

     

    無視してるの?とよく怒鳴られましたが、

    全く聞こえないわたくしは困惑します。

     

    どうしてうちのママン(今は老婆)はいつも

    怒っているのだろうか?と。

     

    聞けば、何度も何度も何度もわたくしを

    呼んでいるらしいのです。

     

    わたくしは無音の中で本を読んでいるので

    ママン(今は老婆)の声は全く聞こえていません。

     

    ママンはとても悲しそうな顔をしてわたくしに

    言いました。

     

    「きっと、大人になったら苦労する」

    「そのままだったら大変だから、訓練しなさい」

     

    わたくしは素直なお子様だったので、この仕様

    ではどうやら大人になると苦労するらしいと

    理解しました。

     

    むさいこっちゃ、訓練せねば…と思ったものです。

    でも、どうやって訓練するのだろう?と

    思いながら、なんとなーく気にして生活を

    始めました。

     

    ママン(今は老婆)が頭ごなしにお前はダメだと

    言わなかったのが良かったのだと思います。

     

    だって、人格否定じゃないものね、訓練すれば

    なんとかなる感じで伝えてくれたんですもの。

     

    しかーし、みなさまお察しの通り、そんな簡単に

    改善されるものではありません。

     

    数々の失敗を繰り返しながら、なんとなーく

    付き合うように生活しております。

     

    でも、これって子供にありがちな性質だ!

    くらいに思っていたのですね。

     

    でも「過集中」という名前が付くものだと

    最近知りました。

     

    今となっては聞いたとて「あらら、そうだったの?」

    くらいにしか思いませんけどね。

     

    クラスに数人いたって分からないレベルですが

    これが原因で生活や仕事に支障をきたしている

    方もいるかと思えば、おおごとです。

     

    治るとか、治らないとかそういうものでは

    ないことは重々承知です。

     

    わたくしはママン(今は老婆)に言われるままに

    訓練してきたのです。

     

    過集中についてのわたくしの対策はコチラ↓

     

    1.読書については、時間が限られている場合、

    ショートショートや短編を読む。

     

    2.一つのお話が終わったら、必ず時計を見る。

     

    3.なるべく瞬間的に気を散らす努力をする。

     

    4.何かに没頭していると、気付きにくいことを

    周りの人に伝え、呼ぶだけでなく、肩をたたく

    などしてもらう。

     

    なんだかめんどくさいですね、笑。

    でも、これでなんとかやってきました。

     

    集中力凄くて、イイネ!って言ってくれた

    友達もいましたが、コントロール出来るん

    だったら苦労はしません。

     

    気付かれにくいけれど、こういうことで

    悩んでいる人もいるのではないかな?と

    思います。

     

    みなさまの周りに呼んでも返事をしない人が

    いたら、怒らないで、肩をポンポンと叩いて

    呼んでみて下さい。

     

    きっと、なんにもなかったのように、

    「なあに?」と返してきますよ、笑。

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

    ほりまつ * 知恵袋 * 06:45 * comments(0) * -
    このページの先頭へ