<< オモナガーズのTシャツを作る | main | ブリービクスレッスン2019/01/19 >>

書籍の対価の変化

0

    どーもー

     

    屋根にうっすら雪の朝@石川小松です。

     

    お得情報〜。

     

    最近既に出版されている本が無料で読める

    という流れが来ています!

     

    タダで本が読める?図書館とか行かなくても?

     

    そうです、最近のインフルエンザ流行に

    怯えて「ひきこもり」を続けるわたくしに

    ピッタリ。

     

    本、全部kindleで読んでて、もともと

    ひきこもり要素満タンじゃねぇか!なんて

    言わないでぇ。

     

    で、いつ読めなくなるか知らんけど、ご紹介

    「さよならインターネット - まもなく消えるその「輪郭」について」

     

    noteというサイトで3ヶ月間無料公開だそう

    ですが、家入さんの他の書籍も随時無料公開

    していくそうです。

     

    この、noteというサイトは色々な人が文章を

    投稿していて、無料のものも有料のものも

    ありますが、結構おもしろい読み物もあります

    ので、時間がありましたら検索してみて

    ください。

     

    話を戻しますが、無料で本が読めるなんて

    いい時代になりましたね〜。

     

    ネットで電子書籍にダウンロードして読める

    のも便利だなと思いますが、しかーもタダ!

     

     

    ありがたいぃぃぃ〜。

     

    しかも本だと出版されたらずっと中身は

    そのままですが、noteでは改正していく

    ことも出来るので、作者が改正をかけて

    くれれば最新の文章が読めます。

     

    そんな本は今までなかったし!

     

    で、無料で提供するメリットってなん

    だろう?と。

     

    本を苦労して書いて対価を頂かないといけない

    んでしょうが、その対価を頂かない…。

     

    なにそれ〜!意味わからん!

     

    でもね、それ以上のメリットがたぶん、ある

    んじゃないかと思います。

     

    もちろん、あしながおじさん的な気持ちも

    あるのでしょうが、そういう話題づくりを

    することで、家入さんが提供する事業のCM

    効果もあるんでしょうね。

     

    わたくしとしては、本がタダで読める!それ

    だけでラッキー!でございます。

     

    そんな訳で随時無料公開されるのを楽しみに

    読んでいこうと思いまーす。

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

    ほりまつ * ニュース * 08:11 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ