<< お墓問題「後継ぎがいないからどうしよう」について | main | 江戸川乱歩の本に興味 >>

ブリービクスレッスン2019/01/26

0

    どーもー

     

    ちらちら朝から小雪@石川小松です。

     

    いよいよ降りましたね、雪!

    大倉岳高原スキー場は遅めのオープンを

    迎えました。

     

     

    レッスン日の土曜日は時折吹雪いて、

    窓の外は寒そう!でしたが、レッスンは

    いつも通り行われます。

     

    参加人数は若干少な目でしたが、新しい

    手の作法が追加されましたので、説明&実践

    していきました。

     

    この手の作法を行うことで、動作がさらに

    改善され、手の癖の改善にも役立つので

    今後もみなさまにお伝えしていきます。

     

    レッスン参加のみなさま方からも、質問を

    受け付けて改善していきますよ〜。

     

    説明ももう少し分かりやすくなるように、

    努力しますので、がんばっていきましょう。

     

    えー、ここからはトレーナーとしての

    わたくしのおはなしですが。

     

    この手の作法を追加し、実際にレッスンに参加

    したところ、ある異変が起きました。

     

    過去記事

    「トレーナーだからこそ、ブリービクスレッスンに行く」

     

    肩甲骨から腕にかけて、自分のものではない

    ような感じ、とでも言いましょうか。

     

    大きめのマフラーを肩から腕にかけられている

    ような感じがして、違和感満載だったのです。

     

    「いやー、この違和感のまま、エクササイズ

    出来るんかいな?」

     

    と思いましたが、レッスン続行。

     

    すると、なぜかある時から手が地面に吸い

    付いたような感覚になり、さらに重心が安定

    しはじめました。

     

    「こ、これは?一体?」

     

    とにかく手が地面から離れたくないと言って

    いる。そんな感じでした。

     

    以前にも増して不安定な横向きのエクササイズ

    の時に感じられました。

     

    そして、今までやっていた動きが少しばかり

    やりにくい感じもあり、動きやすいところで

    留めておくことにしました。

     

    無理は禁物…。レッスン全般に言えることです。

     

    この経験がありまして、

    「ひょっとして、わたくし自身もレッスン中に

    結構無理していたのでは?」と思うように

    なりました。

     

    他のエクササイズを指導するインストラクターや

    トレーナーに怪我を抱えている先生がいると

    以前耳にしたことがありますが、これでは?と。

     

    トレーナー自身が身を壊していては本末転倒。

     

    姿勢を正すと一口では言いますが、とても

    大切で、なかなか実現しにくいテーマなの

    かもしれませんね。

     

    そこへ、ブリービクスは挑戦します。

     

    より安全で効果の高いレッスンをお届けしたい

    ですね。

     

    もちろん、わたくしも体を整えながら。

    自分のレッスン時間も設けようと、誓った

    出来事でした。

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

    ほりまつ * ブリービクスレッスン * 07:54 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ