<< ジビエ、ここにも! | main | 100歳にならないとたばこ吸えない?ハワイ州 >>

緑色のバナナがすぅき

0

    どーもー

     

    朝はくもり空@石川小松です。

     

    「バナナ」は神が創り出した傑作であると

    思う、今日この頃。

     

    みなさまはバナナはお好きですか?

     

    えぇ、わたくしは好きです。もしかすると

    果物の中でもトップクラスに入るほど

    好きですね。

     

    干し柿、はっさく、イチゴも好きです。

     

    このバナナ、群を抜いて素晴らしい点は、

    「持ち運びやすい」

    「道具が無くても皮が簡単にむける」

    「食べる際に手が汚れない」

    「皮が捨てやすい」

    「かわいい」

    などが挙げられます。

     

    王様ですね、果物界の!

     

     

    で、この「バナナ」なんですが、わたくしは

    緑色味がかった、じゃりっとした歯ごたえの

    やつが一番食べごろだと思っています。

     

    本来スィートスポットとかいう、黒い点が

    出始めたやつが一番うまいのに、なんでそんな

    青いのを食べるのか?とよく言われます。

     

    スーパーでも緑色の強いものを探して買って

    います。

     

    そこで、ふと、気になることが。

     

    「栄養価」です!

     

    黄色いバナナと緑のバナナ栄養価に違いが

    あるのか、ないのか?

     

    栄養学に興味があるので、その辺がとてーも

    気になります。

     

    で、調べてみました。

     

    バナナには、食物繊維が豊富(不溶性、水溶性)

    が含まれていて、満腹感を与え、腸内の排泄を

    促す。また、水溶性の食物繊維はコレステロー

    ルの吸収を減らす。

     

    で、緑色のバナナと黄色いバナナの違いは、

    難消化デンプンが緑色のバナナに多く含まれて

    いるため、「整腸効果」が期待できるそうです。

     

    難消化デンプンは前出の食物繊維と同じような

    働きをするそうです。

     

    難消化デンプンは熟成すると、糖になるので

    バナナは黄色いほうが甘くなる、と。

     

    がーん!もともと、オナカが弱く、すぐ壊す

    のに、バナナまで緑色を好んで食べていた!

     

    そりゃ、食物繊維豊富過ぎて、腸に負担が

    掛かるではないか…。

     

    じゃが、まてよ…。

     

    便秘症の方には朗報!朗報ですぞ!

    甘い黄色いバナナより、緑色のバナナを

    お試し下さい。

     

    ヨーグルトなんかにいれると、渋みも

    弱まり、歯ごたえのある楽しい食感。

     

    いかがですか〜?

     

    以上の情報は、「バナナ大学」のサイトを参考に

    しました。興味のある方は、クリックして下さい。

     

    同じバナナでも、体の調子に合わせて食べる

    時期をずらすというのも面白いですね。

     

    他の食べ物もそういう食べ方があるのかも

    しれませんね。

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

    ほりまつ * * 08:00 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ