<< サバ水煮缶のパスタ | main | そんなとこから放射線 >>

英会話の必要性?

0

    どーもー

     

    花粉症、雨歓迎@石川小松です。

     

    いつもは木曜日の昼休みに英会話に通って

    います。

     

    でも3月の木曜日のお昼は先生がいなくて

    曜日を変えて欲しいと言われました。

     

    Of course!でございますよ。

     

    でも「なんで?」と思いまして、尋ねた

    ところ、高校生の受験後の出待ちをして

    チラシを配る、と。

     

    受験シーズン、この春には新しい高校

    一年生が誕生するわけですね。

     

    新しい生活スタートに合わせて、英会話

    勉強しませんか?というお誘いですね。

     

    AEON小松校はオフィスが小松駅

    横の小松大学の一階に移転しました。

     

    新しくキレイな教室になって、教室数も

    増えました。

     

    生徒さんの数も増えているようです。

    わたくしは昼休み時間に行くので、あまり

    人がいない時間ですね。

     

    で、中学生や高校生も増えているという

    話になりまして、盛況でええやん!と

    いう話になりました。

     

    通っている子達って、そもそも親御さんに

    言われて仕方なく来ている子が多いのかな?

    なんて思って聞いてみました。

     

    ところがみんな「英語せんだら、やべぇ」

    みたいなことを口々に言って、通っていると…。

     

    おおおぉ、すごい、英語せんだら、やべぇんか。

    今の時代…。

     

     

    ある一部の限られた人々だけが使わなければ

    いけないもの、から、みんなが使えたほうが

    いいものになってきて、いる。

     

    日本は島国ですので、共通語一つで大体の

    ことが済むお国です。

     

    新しい文明を取り入れて頑張ってきてくれた

    先人はいったいどうやって持ち帰ってきたの

    だろうと不思議に思います。

     

    きっと、間違った解釈もあったでしょうね。

     

    わたくしが英会話の先生と話している

    くだらない日常会話でさえ、もしかすると

    違って伝わっているのかもしれません。

     

    だけど、まぁケンカになるわけでもなく、

    それなりに通じているんでしょうね。

     

    けれど、仕事や契約などを交わす時には

    違います。

     

    言い間違いや、間違った解釈で大変な損害を

    被るやもしれません。

     

    日本語で会話しててもトラブルになることが

    ありますもんね。

     

    仕事で日本人以外の人と交流することや

    一緒に仕事をする機会がこれからもっと

    増えていくのだろうと思います。

     

    これからの子供たちは、それを感じて準備

    しているのですね。

     

    いやはや感心感心。でも英語が喋れるだけ

    では、仕事は出来ないんですね。

     

    やっぱり知識や教養、技術が必要。

    そもそも勤勉な日本人ですから大丈夫

    でしょうか。

     

    3月にはわたくしもちょびっとお休みを

    頂いて勉強会に行ってきます。

     

    講師の先生はニュージーランドの方です。

    ご心配なく、同時通訳ついてます、笑。

     

    受験生、ラストスパート頑張れ!

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

     

    ほりまつ * 知恵袋 * 08:00 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ