<< 30代、40代の貯金事情 | main | ブリービクスレッスン2019/03/09 >>

墓じまい、まずは何をしなければいけないのか?

0

    どーもー

     

    さむめの朝@石川小松です。

     

    花粉症が泣いて鼻をかむある日の昼下がり、

    石屋さんと待ち合わせて、現場確認に行って

    来ました。

     

    しばらくぶり過ぎてみなさまお忘れでしょうが、

    今回わたくし墓じまいをする運びとなりまして

    というか、そうすることにしました。

     

    過去記事どんなんやったけ?の方はコチラ↓

    「墓じまい過去記事」

     

    墓じまいをするにあたりとても大切なことが

    あります。

     

    1.お墓の中のご先祖様をどうするか?

    2.墓じまいする時の手続き

    3.お見積り

    4.お墓の撤去前にすること

    5.撤去

    6.その後

     

    ざっと思いつくだけでこれだけあります。

     

    わたくしが今回説明するのは、1であります。

     

    まず、お墓の中に何人のご先祖様がいるのか?

    を把握し、そのご先祖様の永代供養がされて

    いないのであれば、お寺(菩提寺)にご相談

    する必要があります。

     

    もちろん、お墓の中にある「お骨」の行先も

    含めて、になります。

     

     

    ご親戚のお墓などで、お寺さんがもし不明な

    場合は、自分の菩提寺にご相談という感じに

    なるかもですね。

     

    我が家の場合は、もともと出身が秋田県と

    いうこともあり、菩提寺は秋田県にあります。

     

    が、石川県で既に同じ宗派のお世話になって

    いるお寺さんがありますので、そこに相談

    しました。

     

    永代供養代は各お寺で差があるかもしれませんね。

    人数によっては相当高額になるかもしれません。

     

    でも、お寺さんが存続する限りお参りして

    もらえるのですから、安心といえば安心。

     

    その際、「お骨」をどうするか?のお話もして

    おいた方が良いですよ。

     

    あとあとですと、何かと不安。「骨壺」さんと

    しばらく同居することにもなりかねません。

     

    あっちゃこっちゃ持って歩いて、ご先祖様にも

    悪いし、ね。

     

    わたくしのお寺さんでは「お骨」ごと預かって

    頂けることになりました。

     

    ありがたや。

     

    正確な命日と法名、俗名がわかるもの、お位牌

    が一番手ごろですが、最悪分からない場合は

    墓石の横にある法名石に書いてあるので

    メモってお渡しします。

     

    今風だと、写メっちゃうんでしょうか…。

     

    ま、人それぞれですのでご自由に。

     

    人によっては一日でお話がついて、お布施

    準備になるかと思います。

     

    また日を改めて永代供養の際のお参りも必要

    ですしね。

     

    ここで永代供養料が判明し、菩提寺さんとの

    つながりも深くなるのでしょうね。

     

    それから石屋さんにお見積りを依頼することに

    なりますが、長くなりますのでまた今度。

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

    ほりまつ * ご先祖様 * 08:07 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ