<< 身体メンテナンス教室初日ザーマス | main | コンビニって大変なんですな! >>

失敗したっていいじゃない?

0

    どーもー

     

    さみぃなと思ったら冷房でした@石川小松です。

     

    ラジオ的なもの、大好きなわたくしですが

    ラジオ以外の音声メディアを聞いてまして

    お!と思ったので、投稿。

     

    アフタースクール(学童のハイカラなやつ)を

    主催する方にインタビューする内容だったの

    ですが、こういう話が出てきました。

     

    子供たちの前で

    「はい、これやってみたい人ぉ〜」

    って言うと、

    「はぁ〜い!」

    みんな手を挙げるもんだと思っていたら

    挙げない子が結構いたらしいんですね。

     

    子供って好奇心旺盛だから、面白そうだなと

    思ったら、やってみたい!ってなるんだろうな

    と思ったオトナはビックリしたわけです。

     

    で「どうしたの?やりたくない?」って

    問いかけたら

     

    「やったことないから、やりたくない…」と

    言ったらしいんですよね。

     

    こ、子供ですよね?

    世の中の事、ほぼほぼやったことない事

    ばっかりのハズですよね?

     

    どんどん経験していくのが仕事、くらいの

    世代が「やったことしかやらない」って

    やばくない?という話だったんです。

     

    うむ、これ、結構深いところに問題があるん

    ではないか?と思います。

     

     

    オトナだったらね、得意なことと苦手なこと

    って大体分かってたりするから、避けようと

    するのって分かるんですけど、子供だよなあ

    この話って。

     

    で、どうしてか?という話になるんですが、

    上手に出来ないかもしれないということが

    心の中の多くを占めて、尻込みしてしまうのが

    原因なんじゃないかと。

     

    子供が育っていく環境の中で、周りの大人達が

    あまりにも兄妹や周りの人と比べたり、過去の

    自分(大人のね)は出来てたとかね、寛容さに

    欠けた対応を知らず知らずのうちにとってる

    んじゃないか?と。

     

    自己肯定感が低い大人に、育ちそう…。

     

    自己肯定って知らないうちに出来上がってくる

    ものだと思います。

     

    周りの人達の関わり合い方でどうにでもなる

    気がします。

     

    わたくしはその点、周りの大人達に恵まれて

    いて、自己肯定感はちゃんとあるほうだと

    思います。

     

    なので、幸福感に繋がりやすいのですね。

     

    自己肯定感が低い人は、どんなに成果を

    上げても、幸せでも、自分のことを認めて

    あげにくいので、辛い思いをしていることが

    あると思います。

     

    評価は自分の心でやってるんだろうから

    如何ともしがたい辛さだろうな。

     

    ちょっと話は飛躍しますが、世の中寛容さに

    欠けて来てるな〜って最近思うのですよ。

     

    それが自己肯定感の低さに繋がっているんじゃ

    なかろうか?なーんて。

     

    なんていうんでしょうか?

    そういう人もおるよね…っていうあの感じ。

     

    昭和時代ってろくでもないオッサンとか

    普通に生活してましたもんね。

     

    人に迷惑かけたらダメだけど、そうじゃ

    なけりゃ、まぁOKって感じ。

     

    5月から新元号「令和」じゃないですか。

    天皇が崩御しない元号改正ってはじめて

    なんで、いいなぁって思います。

     

    わたくしは平成に変わるときしか経験

    してないけど、あの時めっちゃなんでも

    自粛ムードで暗かったもんね。

     

    ちょうどバブル崩壊と重なって、自粛したら

    そのまま消滅したイベントとかありましたし。

     

    だから今回の「令和」はめでたい改正って

    ことで、期待しているんですよね。

     

    日本人は真面目で優秀だって思ってるんで

    あとは優しさ、寛容さが育ってく時代で

    あって欲しいと思うんです。

     

    めっちゃ真面目な話になったなー、笑。

     

    ま、「令和」がみんなに優しくて、にこにこ

    笑って毎日が送れる時代になることを願って!

     

    今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

     

    とはいいながら、失敗が絶対に嫌だし、

    ほったらかしでうまいもん食いたいという方に

    オススメの鍋、笑。

    ほりまつ * 日常 * 08:07 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ