<< 小松市議会議員選挙おわり | main | ぶろぐの引っ越しのややこしさ >>

この会話が、たまんない!

0

    どーもー

     

    天気が良いと自然に起きる@石川小松です。

     

    小松のいにしえ飲食店研究家、堀まっちゃん

    です、こんにちは!

     

    知る人ぞ知る、小松にある歴史あるお店で

    あった出来事をご紹介したいと思います。

     

    名前出しちゃうと、みんなが駆けつけて

    ママに迷惑がかかるんじゃないかと

    気が気でなりませんが。

     

    小松の飲食店でも長くやっているところは

    限られていますが、わたくしの知る限りで

    ママが宝物級のお店が一つ二つあります。

     

    小松駅前に程よく近い、あのお店。

     

    ママに取材許可は得ていませんので、今回は

    お店のお名前は控えさせて頂きます、笑。

     

    このお店のママは御年、○○歳。

     

    もちろん、今でも一人でお店を切り盛り

    しています。

     

     

    ママは少々お耳が遠く、このせいでなんとも

    言えないおもしろい会話が聞けます。

     

    この間のこと…

     

    ママと数人のお客さんでお酒を頂きつつ

    おつまみ食べながら談笑中。

     

    お客さん

    「ママ、わしも、もう歳や、間に合わんがに

    なったさけ、声も掛からんわい…」

    「もう、あれや、だめやわい」

    わたくしの心の中

    『そんなことないのに、元気そうやのに』

     

    ママ

    「あははぁ〜、そうやんねぇ〜、あははぁ」

     

    お客さん

    「………(絶句)」

     

    ちがーう!ママ、そこは!

    「そんなことないわいね〜!」

    じゃねーんかーい!

     

    わたくし

    「いや、若いし!まだバリバリやし!」

    思わずフォローです。

     

    ママは耳が聞こえず、相槌パターンが肯定

    モードに設定されているために、起こった

    事故、笑。

     

    まぁ、笑って済ませてくれる、心の広い

    お客さんだったので、OK!OK!

     

    おもろいなぁ〜と、またまたこのママが

    好きになりました!

     

    なんとも言えぬ、まったり萎び感、そして

    心の広い酔っ払いの会話。

     

    昭和だなぁ、のんびりしてていいなぁと

    タイムスリップしたみたい。

     

    ここはどこ?何時代?ってなもんです。

     

    カウンターだけのお店で、どこに座っても

    ママが眼中に入るレイアウト。

     

    もぅ、ママしか見えない!っていう感じ。

    ママのオンステージです。

     

    これでどこか分かった人は、小松通、笑。

     

    また、しなーっと飲みに行こうかな?

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

    ちろりであっためたお酒は一味違うって言い

    ますね。

    お家でお店気分もいいですねぇ。

    ほりまつ * * 07:44 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ