<< オモナガーズライブ@令和元年お旅まつり | main | 終身雇用制、オワタ! >>

農作業で知る、深いありがたみ

0

    どーもー

     

    お旅祭り終わりました@石川小松です。

     

    最近とんと、ご無沙汰の「あぐり」関連記事

    ですが、ひそやかにやっております。

     

    一気に伸びた雑草を眺めながら、この土には

    栄養が満点なのだなあ、などと呟いて

    おりました。

     

    プラス思考か!と怒られそうですが、

    数々の農作物のなれの果ても見ることが

    出来まして、驚きと感動をありがとう。

     

    お借りしている畑ですので、草ぼうぼうだと

    怒られますので、草刈りに馳せ参じます。

     

    一気に草を刈り(手作業)友達に「あたま

    おかしい、笑」と言われました。

     

     

    一気にやりすぎ、次の日筋肉痛になりました。

    笑えません。いてて。

     

    それで、今年もしなしなと自然農法に倣い

    ながら、無肥料ほったらかし農業は続きます。

     

    いっそのこと、止めてしまおうかと5分くらい

    悩みました。(短い)

     

    けれど、この先に何かがあるかもしれないと

    なんとなーく思ったので、もうしばらく続け

    たいと思っています。

     

    で、畑をして思ったことが、

    「食べ物を粗末にしちゃいけねぇ」です。

     

    いや、前から知ってるし!って思うでしょ?

    違うんですよ、粗末にしちゃいけない度合いが

    もんのすごく上がりました。

     

    大変なのですよ、一個のキャベツ、大根などが

    スーパーに売られているあの大きさになる

    までには。

     

    そりゃ、除草剤したくなるわ!っていうくらい

    草は生えるし。

     

    肥料をあげれば、農作物が大きくなるけど

    かわりに虫は来るわ、雑草は生えるわ…。

     

    マジで大変なのです。

     

    わたくしの家は代々農家ではありません

    でしたので、畑仕事とは無縁。

     

    食べ物はスーパーで購入するものだと思って

    いました。

     

    スーパーで売られている価格を見ると、

    安い…と思ってしまうくらい、農作業は

    大変です。

     

    気候にも左右されるし、自然な形で育てる

    のは大事だけれど、手間がかかるし。

     

    今回のあぐり案件で、それがよく分かった

    だけでも成果だと思います。

     

    雑草と共存させつつ、わたくしのあぐり

    プロジェクトは続きます。

     

    なんでもやってみたいことは、やってみる

    これを根幹にこれからも!

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

    このもんぺが似合うようになったら一人前なの

    かも、しれない…。

    ほりまつ * あぐり * 07:56 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ