<< せんべろという名の飲み方 | main | ベビーマグちゃんてなんや?なんや? >>

無敵の人、怖すぎ問題

0

    どーもー

     

    クモリソラ、スズシイ@石川小松です。

     

    物騒な事件が多くて、わがふるさとも心配

    になります。

     

    ネットニュースを賑わす、残酷極まりない

    事件がありました。

     

    川崎殺傷事件

     

    犯人は高齢のおじさんとおばさんと暮らす

    51歳の男性。

     

    19人が刺され2人が死亡するという痛ましい

    事件でした。

     

    犯人は自ら命を絶ち、事件の動機など詳細は

    分からぬまま。

     

    無差別に幼い子供たちを狙った事件ですが

    この被害者の方々は、一体どこに怒りや

    悲しみを持って行けばいいのでしょうか?

     

    以前「無敵の人」という西村ひろゆき氏の

    本を読みました。

     

    まさにこの犯人は「無敵の人」

     

    失うものは何もなく、守るものもない。

     

    人生を終わりにするために今回の事件を

    起こしたのだと思います。

     

    自分勝手で人を傷つけ、悲しませる行為です。

     

    この事件から見えてくるのは、亡くなられた

    方々への追悼もありますが、本質は違うと

    思います。

     

    人生に夢も希望も無くした人が、他者を

    傷つける世の中になってしまったということ。

     

    また、そういう人が多くなっているのでは

    ないか?という推測です。

     

    頑張っても成果が出なくて落ち込んでしまう

    こともありますが、みんなそうやって学んで

    頑張っています。

     

    けれど、挫折感や失望によって、投げやりな

    人生を送っている人もいるのではないか?

    と思います。

     

    失敗ややり直しを許しにくい風潮や、寛容さ

    の欠落によって、優しくない世の中が生まれ

    ます。

     

    インターネットはいろいろな便利さや、

    距離や境界を埋めてくれるものです。

     

    その反面、誹謗中傷や心ない書き込みで

    人を傷つける事も出来てしまう二面性を

    持っています。

     

    今の世の中は便利にはなったけれど、人間

    関係がなんとなく冷たいような、それでいて

    めんどくさいような。

     

    うまくは言えませんが、格差が開いてきた

    社会とでもいいましょうか。

     

    実績を上げれば満足度の高い生活が送れる

    のだろうが、挫折者にはもうチャンスが

    巡ってこない!と錯覚させてしまう社会。

     

    この二面性があるような気がします。

     

    無敵の人がどんどん増えれば、社会が壊れて

    いきます。

     

    こんな残酷な事件があった時にある方と

    話していて、こんなことを聞きました。

     

    そのある方が、全くの赤の他人を介護して

    いるというお話。

     

    介護されている方もまだ若く、他に身寄り

    が無いそうです。

     

    介護している方は、毎日のように家へ通い

    身の回りのお世話をしているそうです。

     

    この時間はディサービスから帰って来る

    時間だから、とおっしゃっていたのが印象に

    残っています。

     

    赤の他人でもこうやって助けてあげる

    気持ちの人がいるんだなぁと感動しました。

     

    身内でもなかなか出来ないことです。

     

    やさしい世界。

     

    誰かの役に立つ、ということで無敵の人は

    減らせやしないかと思います。

     

     

    誰かにとってなくてはならない人になれれば

    そんな考えは浮かばないでしょう。

     

    ペットでも、植物でも、自分がいなければ

    ダメな何かを見つけてくれればよかったのにな

    と思います。

     

    そういった対策をしていくのも福祉や地域の

    役目なのかなと思います。

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

    ほりまつ * 日常 * 08:10 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ