<< 後ろ向き発言から受ける影響 | main | ブリービクスレッスン2019/06/08 >>

カローリングってご存知?

0

    どーもー

     

    夜にぶろぐアップは初めて@石川小松です。

     

    本日もおかげさまで盛り沢山の日曜日で

    ございました。

     

    朝一番に陸上の記録会に出場する子の

    テーピングをしました。

     

    そのあと、校下のカローリング大会の

    お手伝い(審判など)に行ってきました。

     

    お昼ごはんの後、友人のお供でちょいと

    自動車ディーラーさんにお邪魔しました。

     

    その後、お久しぶりで昼間の外活動。

    運動です。

     

    今現在夜8時過ぎなのですが、いやはや

    充実した一日でございました。

     

    で、今日の話題は「カローリング」です。

     

    みまさま、ご存知でしょうか?

     

    カーリングはテレビなんかで観たことが

    あるかと思います。

     

    カーリングは氷の上で行う競技ですが、

    「カローリング」は体育館などの床の上で

    行う競技です。

     

    カーリングのように、ブラシでゴシゴシ

    する必要がなく、ストーンの裏には

    ジェットローラという小さな車輪が

    ついています。

     

    Wikipediaによると、ベアリングメーカーが

    開発したみたいですね。

     

    「カローリング」とは?

     

    大人も子供も楽しめる、結構面白い競技です。

     

    毎年、お手伝いに行っていますが、毎回

    ルールを思い出すのに一苦労です、笑。

     

    一回やってしまうと、なーんだ簡単じゃないか

    ってなるんですがね、笑。

     

    やってみると面白いのですが、審判はというと

    「退屈」です…。

     

     

    最初はルールに反していないか、注意しながら

    気も使うんですが、みなさまも慣れてくると

    そこまで気にしなくてよくなるんですよ。

     

    なので、退屈…。正直、つまんないです。

     

    自分たちがやれれば楽しいんだろうな〜と

    思うんですが、お手伝い、あくまでも。

     

    審判をしている最中もストレッチしたり、

    足踏みしたり、いろいろやって過ごしました。

     

    競技はやっぱり、やるに限るを実感して

    おりました。

     

    カローリングに話を戻します。

     

    3人1組で6個のストーンをダーツの様な

    的に向けて、1人2個ずつ放ちます。

     

    チカラを入れ過ぎるとオーバーしますし、

    距離が足りないとストーンはフロア外に

    出されてしまいます。

     

    的の中心が3点で2点、1点の三重マルに

    なっています。

     

    ストーン同士をぶつけて、相手を邪魔したり

    味方のストーンを的の中心に押して入れる

    ことが出来ます。

     

    いわゆる駆け引きがあるんですね。

     

    サービスイニングがありまして、大逆転の

    チャンスもあります。

     

    誰でも出来る競技なので、最近は人気が

    あるそうですよ。

     

    もし、体験できる機会がありましたら

    是非一回やってみて下さい。

     

    わたくしは午後からのスポーツの筋肉痛に

    怯えながら明日の朝を迎えるのでしょうね。

     

    今日はそろそろゆっくりして、早めに

    休むとします。

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

    カローリング1セット、高すぎ、笑。

    大事に使わねば!

    ほりまつ * スポーツ * 21:20 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ