<< 糖質少なめの生活をしてみた結果! | main | しまむらのレディースボクサーパンツが侮れない件 >>

自己分析って面白いですな

0

    どーもー

     

    湿度が高い!@石川小松です。

     

    以前にストレングスファインダーのことを

    このぶろぐに書きました。

     

    2019/04/04の記事

    「自分探しをする人、意識高い系?」

     

    んで、やってみた!っていうわけでは

    ないのですが…。

     

    ちょっとあるキッカケで自己分析っちゅう

    もんをしたんですね。

     

    得意なこととか、悩みとか、まぁ、

    ざっくばらんに。

     

    するとね、自分がなんとなく見えてくるん

    ですね。

     

    前に誰かに喋ったか、ぶろぐに書いたかは

    定かではないんですが。

     

    人と違う方が競争率が低くなるね、という

    話。

     

    例えば、大卒だったら、まあまあいっぱい

    いますよね?

     

    でも、経済学部だったり、工学部だったりに

    しぼると人数が減るじゃないですか?

     

    大卒経済学専攻の人がいて、んで、料理好き

    で、スポーツが得意。

     

    だんだん当てはまる人が減ってきますよね?

     

    プラス、海外生活が長くて英語と中国語が

    話せます!ってなれば、結構レアなケースに。

     

    ま、ちょっとおおげさな例えですけど、笑。

     

    わたくしに当てはめてみると

    柔道整復師

    ブリービクストレーナー

    2.5tまでのフォークリフト運転できる

    機械プラント製図2級資格もっとる

    簿記1級(全経)もっとる

    筋トレしてます

    ソフトボールしてます

    もう、なんかね、おらんやろ?統一性

    なさすぎぃ。

     

    バラバラ過ぎて全部生かしきれてませんけど、笑。

     

    なんてね、自己分析って面白いですね。

    改めて、やってみるとね。

     

    なんもねーわ、そんなん!って言わんといてぇ。

    絶対、人と同じってありえんから!

     

    不得意なことがいっぱいだったり、悩みが多いって

    ことだって自分の特性になったりするんですね。

     

    悩んだことのない人が、悩んでいる人の相談に

    のるのは難しいものですよね。

     

    悩んで、解決したことがある人だからこそ!

    っていう特性。

     

    そうすると、需要あるんですよ。

     

    需要って書くとなんか、現実的過ぎるかな?

     

    人に求められる、ということです。

     

    誰かに必要とされているということは

    生きるエネルギーです。

     

    自分が思ってもいなかったパワーを出せる

    キッカケにもなります。

     

    インターネットが浸透して、みんなの距離が

    近くなりました。

     

    昔だったら一生話すことも無かった人々と

    会うことだって可能です。

     

    情報を共有することも、出来ます。

     

    最近、なんだか生き辛いとかね、そういう

    風潮でしょ?

     

    さみしくなりません?正直。日本の政治が

    悪いのか?経済が悪いのか?

     

    知りませんけど、わたくし個人としましては

    楽しく笑って過ごしたい。

     

    穏やかな生活が所望です。マジで。

     

    日本で需要が無いのなら、海外に行けばいい

    じゃない?

     

    なーんて乱暴なことは言いませんけど、自己

    分析を通して自信を持ってもいいんじゃないかな?

     

    うまく言えませんが、ちょびっと自分を

    見つめてみるとハッと気づくこともある!と

    いうお話でした。

     

    ま、みなさまもいかがですかの?

     

    さて、今日はここまで。

     

    みなさま、たのしい一日を〜。

    ほりまつ * 知恵袋 * 07:58 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ